社会人になって初めて作ったカ-ド

大学を卒業して就職が決まり、一番最初にしたことが自分名義のクレジットカ-ドを作ること。
学生時代は父親の家族カ-ドを持っていましたが、社会人になった証として自分名義のカ-ドがほしかったのです。
年会費が無料で海外でも使えるクレジットカ-ドを選び、入会。
美しい柄のカ-ドが手元に届いた時は、本当に社会人になったんだということが実感できて、喜びでいっぱいになりました。

その後、そのカ-ドは私の頼りになるパ-トナ-となってくれました。
出費が重なってお財布がピンチになった時も、
どうしてもほしい洋服が見つかったのに、手持ちの現金が足りない時も。
私名義のクレジットカ-ドは私の味方となってくれたのです。

カ-ドを使う際に私が気を付けるようにしていたのは、やはり返済計画をしっかり立てることです。
カ-ドを使って買い物をしたら、必ず記録を付けるようにして管理。
返済日を忘れたり、無理な返済額にならないように注意していました。
やはり返済について、きちんと自己管理することは社会人としての義務だと思います。

いざという時に頼りになる強い味方のクレジットカ-ド。
今財布には数枚のクレジットカ-ドが入っていますが、社会人になって初めて作ったカ-ドは
あれからずっと私の大事な相棒です。

Category: カード | No comments yet


You must be logged in to post a comment.